アイコン 日本刀で警察署襲撃 急に慌しくなってきたインドネシア 自爆テロ等

 

 

インドネシアの警察によると、スマトラ島中部リアウ州の都市プカンバルで16日午前、日本刀で武装したグループが州警察本部を襲撃し、警官1人が死亡、警官2人と地元のジャーナリスト1人が負傷した。警察が容疑者4人を射殺した。

国家警察の報道官によると、グループは警察本部の入り口に車で突っ込み、警官らを襲った。
車を運転していた容疑者が現場から逃げようとした際に、警官1人が死亡、ほかの3人が負傷した。この容疑者は警察に拘束されている。車からは爆発物のようなものが見つかったという。

同国ジャワ島のスラバヤでは13日、子どもを含む6人家族が3ヶ所のキリスト教会に自爆テロを仕掛け、10人が死亡。その日のうちに、同市近郊の集合住宅で爆発が起きて母親と十代の娘が死亡し、起爆装置を持っていた父親が警察に射殺された。

スポンサード リンク

さらに、スラバヤの警察署でも家族による自爆テロがあり、10人が負傷、家族4人が死亡した。

警察によると、3家族の子ども同士は知り合いで、一緒にイスラム教の聖典コーランを習っていた。カルナビアン国家警察長官は14日の会見で、過激派組織「イラク・シリア・イスラム国(IS)」を支持する国内組織の元指導者が収監されたことに対し、ISが報復としてテロを命じたとの見方を示した。
以上、

スマトラ島は、インドネシア首都ジャカルタのあるジャワ島の北東にスンダ海峡を隔ててある同国最大の島、中央を赤道が通る。
何で日本刀があるのだろう。戦時中の日本軍のものか・・・ならば軍刀だろう。それとも豊臣秀吉などの朱印船渡航時代のものだろうか。

スポンサード リンク
[ 2018年5月17日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ