アイコン 中国・夢は拡がる 「どこでもドア」を民家の上に造ってしまった 『神の扉』

 

 

中国メディアの網易新聞は「ドア枠と扉があるだけで、扉も半開き。天国への入り口のようでもある。その謎めいた姿から、人々は『神の扉』と呼んでいる」などと伝えた。

この報道について、中国のネット上では「神の扉というよりドラえもんのどこでもドア」「どう見てもどこでもドア」「設計者はドラえもんの見すぎ」などの声が多く寄せられている。

また、中国では奇抜なデザインの建築物がたびたび話題になることから「もう何を見ても驚かない」との声もあった。

なお、中国では、金色系統が好まれ、「どこでもドア」色のピンクやブルーではなかった。

スポンサード リンク

0601_08.jpg

スポンサード リンク
[ 2018年6月 1日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ