アイコン トランプ変数砲 米朝会談12日開催の可能性示唆 中止発表したばかり

 

 

アメリカのトランプ大統領は25日、記者団に対し、中止を発表した米朝首脳会談について「まだ来月12日もありえる。今、われわれは北朝鮮と話している」と述べ、今後の状況を見極める考えを示した。(双方とも最終事前交渉でシンガポールに担当者らが集結している)

トランプ

<北朝鮮の談話に目を細めたトランプ>
Very good news to receive the warm and productive statement from North Korea. We will soon see where it will lead, hopefully to long and enduring prosperity and peace. Only time (and talent) will tell!

<トランプ大統領を最大限持ち上げた金正恩代理の金桂官談話>
北朝鮮の金桂官第1外務次官は25日、談話を発表、
「米国側の一方的な(朝米首脳)会談取り消し発表は、これまで傾けた努力と新たに選択して進む道が果たして正しかったかをわれわれに今一度考えさせる」、

「朝鮮半島と人類の平和と安定のためにすべてを尽くそうとするわれわれの目標と意志には変わりがなく、われわれは常に大胆かつ開かれた心で米国側に時間と機会を与える用意がある」。

スポンサード リンク

「会って、ひとさじ目で腹が満たされることはないだろうが、一つずつでも段階ごとに解決していくならば、今より関係が良くなりこそすれ、悪くなることがあろうかということくらいは、米国も熟考してみなければならない」

「われわれは、いつ、どのような方式であれ、対座して問題を解決していく用意があることを、米国側に今一度明らかにする」

「数十年におよぶ敵対と不信の関係を清算し、朝米関係改善の新たな里程標を設けようとするわれわれの真剣な模索と積極的な努力は、内外の共感と支持を受けている」

「トランプ氏が、歴代大統領ができなかった勇断を下し、首脳会談という重大な転換に向け努力したことを高く評価してきた」。

 その上でトランプ氏が会談の中止を発表したことを、
「朝鮮半島はもちろん、世界の平和と安定を望む人類の念願に符号しない決定」と批判。続けて、

「突然、一方的に会談取り消しを発表したことは、われわれとしては思いがけなく意外なことで、大変遺憾に思わざるを得ない」と述べた。

「歴史的に根が深い朝米の敵対関係の実態がどれほど厳しく、関係改善に向けた首脳会談がどれほど切実に必要なのかをそっくり示す」。

「トランプ氏が、双方の懸念を一緒に解消し、北朝鮮の要求にもかなう問題解決に実質的に作用する賢明な方策を取ることを密かに期待していた」とも述べた。

「わが(金正恩)国務委員長もトランプ大統領と会えば、良い始まりを踏み出せるだろうと述べ、そのための準備に努力を傾けていた」。

米国の会談中止決定に影響を与えたとみられる崔善姫北朝鮮外務次官の米国けん制の談話に関し、
「トランプ大統領が言及した『怒りと敵意』とは実際のところ、朝米首脳会談を控えて、一方的な核廃棄を迫ってきた米国側の行き過ぎた言動が招いた反発にすぎない」とした。
以上。

スポンサード リンク
[ 2018年5月26日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ