アイコン 弁当の「弁釜」札幌工場でガス、5人体調不良 一酸化炭素か

 

 

6月21日午後8時半ごろ、弁当製造の「弁釜」札幌工場(札幌市厚別区厚別東5の1)で、従業員の男性から「ガス臭がして人が倒れている」と119番があった。

札幌厚別署によると、従業員の男性5人が体調不良を訴えて病院に搬送されたが、いずれも命に別条はないという。同社工場の約50人の従業員は屋外へ避難し無事だった。

札幌市消防局が調べでは、工場内で一酸化炭素が検知されたといい、同署などが関連を調べている。

スポンサード リンク

現場はJR新札幌駅から北に約1キロ離れた工場や商業施設などが立ち並ぶ地域。現場周辺の工場の従業員も含めて約200人が避難し、消防車両約30台が出動するなど、周囲は一時騒然となった。

以上、報道参照、

不完全燃焼か?

スポンサード リンク
[ 2018年6月22日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ