アイコン 仮想通過ハッキング被害35億円相当 韓国取引所ビトソム リップル被害

 

 

国内の大規模仮想通貨取引所がまたハッキングされた。仮想通貨取引所のビトソム(Bithumb)は20日、リップルをはじめビトソムが保有していた仮想通貨350億ウォン(約35億円)分を盗まれたと発表した。
ビトソムは一日の取引量が5000億ウォンに迫る、世界7位の規模の取引所。韓国ではアップビット(Upbit)とともにトップ2取引所に区分されている。

引き続く流出という悪材料のニュースで、仮想通貨市場は混乱に陥った。ただ、事前に報道されていたこともあり、ビットコインはプラス、ハッキングメインのリップルはマイナスとなっているが、急落場面からかなり戻している。

この日、ビトソムはホームページの公示事項を通じて「昨日の夜遅くからの今日のあいだ、350億ウォン規模の一部の暗号貨幣(仮想通貨)が、奪取された事実が確認された」と明らかにした。

続いて、ビトソム側は「暗号貨幣の入出金サービスが十分な安全性を確保するまで、しばらく取引サービスのほか入出金サービスの提供を中断する」とし、「入出金サービス再開の日程など、詳細は公知を通じて継続的にお知らせする」と述べた。

スポンサード リンク

現在、ビトソムはこれまで入金された仮想通貨・現金資産などの買い入れと売りだけが可能だという。

ビトソムは去る19日午後11時頃、異常兆候を捕捉して約2時間がすぎた20日午前1時30分、入金制限措置を取った後に資産点検に入って奪取の事実を確認したと述べた。
点検の結果、流出した仮想通貨の種類は複数であり、主要貨幣の一つであるリップル(Ripple)が含まれていることが確認された。

ビトソム側は今回のハッキングでは、顧客の仮想通貨は直接流出しておらず、顧客の被害はないと強調し、ビトソム社自体が保有した仮想通貨のみが流出したという。

ハッキング発生前のメンバー資産を、ネットに接続されていない外部記憶装置である「コールドウォレット」に別々に移しておいたので、追加のダメージを防ぐことができたと説明した。

ビトソム側は「最近、異常なハッキング攻撃が増加しているのが監視されて、16日から予防措置をとっていた」と述べている。

「失われた暗号貨幣は、すべて会社の責任で充当する予定」だとし、「顧客が直接被害を被ることはない」としている。
以上、韓国紙参照

リップルは20日前日比▲1.64%下げ0.540、つい大下げ場面は0.527ドルだった(21日午前5時00分前後)。

↓ リップルの1日の動き
0621_04.jpg

 

↓ リップル過去1年間の動き
0621_05.jpg


↓ ビットコインの1年間の動き(円)
20は前日比+0.05%高の744,981となっている(21日午前5時00分前後)。
0621_06.jpg
 

スポンサード リンク
[ 2018年6月21日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ