アイコン 住友建機も不適切発表 大型特殊車両の未認定の工場に分解整備させる

 

 

住友建機は20日、グループ3社の一部拠点において、道路運送車両法に基づいた分解整備作業の整備工場として国の認証を受けていないにも関わらず、大型特殊自動車(車検ナンバープレート付き)に該当するアスファルトフィニッシャ等について、不適切な分解整備作業を行った事実等判明したので、国土交通省に報告したと発表した。

住友建機販売(全都道府県を商圏)で、全54店所中29店所87台。(内 アスファルトフィニッシャのリコール改修作業実施12台を含む)

パークス甲信越株式会社(長野県・山梨県を商圏)で、全4店所中3店所19台

エスケイ・イシショウ株式会社(山口県・岡山県を商圏)で、全6店所中3店所3台。

以上、

スポンサード リンク

ナンバープレートがあれば国交省管轄、公道を走る自動車の一種、当然、国の認定整備工場での整備が求められる。素人でもわかりそうなことだが・・・。

スポンサード リンク
[ 2018年6月21日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ