アイコン 金融庁 JC証券を登録免許取り消し制裁 ソーシャルレンディング

 

 

金融庁は24日、取締役会を開かずに増資を決めるなど経営管理体制が機能していないとして、JC証券(東京)に対し、金融商品取引業者の登録を取り消す行政処分を出した。

関係者によると、同社は昨年10月の衆院選期間中、細野豪志元環境相に5000万円を貸し付けていた。

金融庁によると、JC証券は昨年10月、会社法上必要な取締役会や株主総会を開かないまま、親会社を割当先とする2億5684万円の増資を実施。正当な手続きで取締役会が増資を承認したとする虚偽の議事録を作り、当局に提出した。

増資した資金の大半は貸し出されたが、資金使途や返済能力などの審査をしていなかった。
関係者によると、貸し付けのうち、5000万円が細野氏に渡ったという。

JC証券はM&A(合併・買収)の助言が主な収益源。
登録取り消しで投資信託などの販売はできなくなるが、販売実績はない。

スポンサード リンク

M&A助言は登録がなくても継続できる。

処分を受け、JC証券は「心よりおわびする。厳粛に受け止め、顧客に迷惑を掛けないよう対処する」とのコメントを発表した。
同社の役員には元衆院議員らが名を連ねている。
以上、

ソーシャルレンディング事業のJCグループは、落ち目で商品価値もない細野と付き合ったばかりに、JC証券やJCサービスは規制当局から公権力を最大限に行使され・・・青息吐息。
ツキのない人と付き合えば、ツキをなくしてしまうことが多々ある、典型的な例だろうか。

細野は金の玉がなく、千歳一遇のチャンスだった民主党の総裁選に立候補せず、野田を誕生させ、結果、自らの商品価値をなくしてしまった、今では相手にもされない人物に成り下がってしまった。チャンスはそんなに訪れるものではない。そのチャンスを生かせない者は、大物議員にはなり得ず、露と消える。ご退散を。

 

JC証券
役員名
備考
代表取締役
久保田厚志
元サンデン管理本部管理部主席
取締役(常勤)
神尾正彦
 
取締役(常勤)
田村謙治
(元衆議院議員、民主党(前原G、野田G、旧細野G)→希望の党)
取締役(非常勤)
和田隆志
(元衆議院議員、旧民主党)
監査役
関常芳
 
監査役
遠藤正明
 
元会長
中久保正己
今年1月23日退任
元取締役(非常勤)
松田 学
前衆議院議員、元財務官僚、日本維新の会→次世代の党→自民党)
・田村・和田・松田のお三方は財務省OB
 
過去記事
 
JC証券関係会社一覧
 
 

スポンサード リンク
[ 2018年7月25日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ