アイコン 韓国2万人の女性デモ、弘大男性ヌードモデル写真流出事件 文大統領に批判の矛先

 

 

7日午後3時の炎天下、ソウル鍾路区の梨花交差点から地下鉄恵化駅まで約1キロにわたる4車線道路に2万人近い女性たちが集まった。

第1回集会(約1万人)、第2回集会(約1万5000人)をはるかに上回る約1万9000人(警察推算)が参加した。警察推察は少なくカウントすることから、その数の1.5倍は参加していたものと見られる。

5月1日、インターネットコミュニティ「ウォマド」(Womad)に男性ヌードモデルのヌード写真が流布された事件。弘益大学絵画科のヌードクロッキー時間に撮影されたと思われるこの写真は、男性モデルの顔を隠さないままヌードの状態で掲載された。
同僚の女性モデルが逮捕された。

スポンサード リンク

しかし、逮捕が通常より早かったとの報道と捜査の原因として被害者が男性である点を挙げている。
集会では、文在寅大統領に対する批判も続いた。
文大統領が7月3日の閣議で、弘大ヌードモデル事件について「不公正捜査ではない」と発言していた。
「女性が人間的に尊重されない現実に対する怒りが『盗撮』という社会現象と相まって、爆発的に表出された」と分析されている。

韓国では、#MeToo運動が発展し、より過激になっているようだ。#MeToo運動ではこれまで多くの男性芸能人や議員たちが自己批判し謝罪したり、自殺したり、訴訟になっている案件も多い。
韓国人は多血民族、間欠性爆発性障害=憤怒調節障害とも重なり、抑えられなくなる。それは男性も女性も同じようだ。

就職も容姿で決定するという韓国は、母親が美容整形を薦めるほど男性社会でもある。
そこには儒教がどうじゃら、仏教がどうじゃらなどまったく関係ない。統治者が李王朝時代の利権の両班たちにより形成された男性社会に拠り所を求め回帰した結果だろうか。
社会主義政権の文大統領の周辺であっても現代版両班たちが蠢いている。女性は両班に離れない。
ただ、女性たちも多血であるため、国会議員などには多くの女性たちがいるが、彼女らはほとんどが反日で持っている。固まった女性たちは男性同様、手がより付けられない。
 

スポンサード リンク
[ 2018年7月10日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ