アイコン 6月の飲食店 売上高3.3%増で22ヶ月連続増加

 

 

日本フードサービス協会が6月の飲食事業の動向を次のとおり発表した。

<全体概況>
6月は、土曜日が1日多い曜日周りに加え、全国的に平均気温が高く、関東甲信地方が早くも月末に梅雨明けするなど、晴れの日が多かったことも客足にプラスとなった。
また、引き続き高付加価値メニューや価格改定による客単価の上昇が売上を下支えしており、全体売上は103.3%と、22ヶ月連続して前年を上回った。

スポンサード リンク

<業態別概況>
1、ファーストフード業態
•全体売上は104.3%と前年を上回った。
•「洋風」は、追加トッピングを訴求したキャンペーンが好調で、客数・客単価ともに上昇、売上は105.0%。
「和風」は、季節メニューの好調、価格改定等で客単価の上昇が続いており、売上104.4%。
「麺類」は、店舗増で売上101.1%。
「持ち帰り米飯・回転寿司」は、価格改定等による単価上昇などで、売上は105.8%。「その他」は、「アイスクリーム」が、梅雨明け後の気温上昇で販売好調、売上が103.9%となった。

2、ファミリーレストラン業態
•全体売上は102.6%と前年を上回った。
•業種別では、
「洋風」は、フェア商品や高付加価値メニューなどが客単価を押し上げ、売上101.8%。「和風」は、主力メニューの改訂などにより客単価が上昇し、売上100.1%。
「中華」は、キャンペーン効果が続き客数増、売上は105.2%。
週末需要の大きい「焼き肉」は、土曜日が増え客数も増大、売上107.0%と19ヵ月連続して前年を上回った。

3、パブ・居酒屋業態
•「パブ・ビアホール」は、サッカーW 杯で大幅に集客した店もあり、売上は104.2%。
「居酒屋」は、引き続き他業態との競争や店舗減少のため、売上は96.9%。

4、ディナーレストラン業態
•引き続き大型商業施設への新規出店や新メニューによる客層拡大で客数が増加、
売上は105.5%となった。

5、喫茶業態
•初夏のフードメニューやスイーツ、冷たいドリンクなどが好調で客単価が上昇、売上は102.5%となった。
以上、

当調査は業態別に事業者数合計で200社、店舗数合計で36,689店舗を集計したもの。
共稼ぎの増加により、外食が増加したものと見られる。

6月の客単価は、
テイクアウト含むファーストフードは2.2%高
ファミリーレストランは1.5%高
パブ・居酒屋は▲0.1%減
ディナーレストランは1.5%高
喫茶は3.2%高
全体は1.9%高だった。
 

スポンサード リンク
[ 2018年7月25日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ