アイコン マックに措置命令 東京ローストビーフバーガーは成型美容肉だった

 

 

消費者庁は、ガイドラインで、牛の成型肉を使用した料理は、切り身を使った料理と誤認されないよう表示することを求めている。

消費者庁は24日、日本マクドナルドが、昨年販売した「東京ローストビーフバーガー」と「東京ローストビーフマフィン」について、成型肉を使用したのに表示せず、景品表示法違反(優良誤認)に当たるとして再発防止を求める措置命令を出した。

消費者庁によると、同社は昨年8月から期間限定で販売。2商品の大半に、切断された牛のブロック肉を加熱してくっつけ、形を整えた成型肉を使用していた。

スポンサード リンク

以上、

韓国の美容整形女性と美容整形なしの女性との違い。

ローストビーフバーガー

スポンサード リンク
[ 2018年7月25日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ