アイコン 世田谷で110ミリ、大田区で86ミリの雷豪雨

 

 

気象庁によると27日も、東日本や西日本を中心に高気圧に覆われて晴れて気温が上がり、各地で35度以上の猛暑日となった。
本州の南にある高気圧から暖気が流れ込み、大気が不安定となった影響で27日の夕方以降、関東を中心に大気の状態が非常に不安定になり、各地で雨雲が発達して激しい雷雨となった。

 気象庁などによると、東京・大田区の雨量計で86ミリの猛烈な雨を観測、午後8~9時頃には練馬区で74.5ミリの1時間雨量を観測、世田谷区付近ではレーダー解析で1時間に約110ミリの猛烈な雨が降ったとみられ、記録的短時間大雨情報が発表された。

スポンサード リンク

↓大田区方面の落雷
0828_01.jpg

スポンサード リンク
[ 2018年8月28日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ