アイコン 東京第3位 2018年版 超富裕層数 都市別世界ランク  1位は・・・

 

 

超富裕層が最も多く住んでいる街は今では香港。

これまでのニューヨークとの首位交代は、アジアの富の増大を象徴している。
ウェルスXの最新調査によると、3,000万ドル(約33億4,000万円)以上の資産を持つ住民の数は、昨年の2017年、香港で31%増えて約1万人となった。ニューヨークは9,000人弱。東京が3番目で約6,800人だった。

欧州連合(EU)離脱が迫る英国の首都ロンドンは、パリよりも金持ちの数が少なかった。
全世界で超富裕層は13%増え、約25万6,000人。彼らが持つ資産の総額は31兆5,000億ドル(約3,465兆円)に上る。

世界の人口は73億72百万人(IMF2018年版)であり、 超富裕層数の割合は0.0034%となる。
ウェルスXのリポートによると、中国本土と香港の金持ちが最も大きく増えた。世界の超富裕層に占めるアジアの超富裕層の割合は25%余りと10年前の18%程度から高まっているという。
以上、ブルームバーグ参照

スポンサード リンク

0907_04.jpg

 

3千万ドル超の国別資産家数ランキング
 
資産家数
シェア
1
米国
79,595
31.1%
2
日本
17,915
7.0%
3
中国
16,875
6.6%
4
ドイツ
15,080
5.9%
5
カナダ
10,840
4.2%
6
フランス
10,120
4.0%
7
香港
10,010
3.9%
8
イギリス
9,370
3.7%
9
スイス
6,400
2.5%
10
イタリア
5,960
2.3%
 
その他
73,835
28.8%
総計
256,000
 
 ・ブルムバーグ/ウェルスX2017年版

スポンサード リンク
[ 2018年9月 7日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ