アイコン 4~6月 GDP3.0%増と大幅修正 やっと企業投資の増加貢献

 

 

内閣府が10日、4~6月期の国内総生産(GDP、季節調整済み)改定値を発表した。
物価変動の影響を除いた実質で前期比0.7%増、年率換算では3.0%増となった。
企業の設備投資の好調を受け、速報値(前期比0.5%増、年率1.9%増)から大幅に上方修正された。プラス成長は2四半期ぶり。

物価調整なしの原数では次のとおり、
GDPは前年同期間比+1.3%増、
家計消費は+0.2%増、
民間住宅は▲8.9%減、
企業投資は+6.4%増、
政府消費支出は+0.3%増、
公的資本形成は▲3.3%減
となっている。
 

スポンサード リンク
GDP 原数/実質 単位:10億円
 
GDP
 
消費
投資
民間
家計消費
民間住宅
企業投資
2017/ 1- 3.
133,281
74,596
72,799
4,056
23,756
4- 6.
129,343
73,747
71,794
3,958
18,957
7- 9.
132,392
74,741
72,628
4,214
20,788
10-12.
136,626
76,433
74,149
4,087
21,030
2018/ 1- 3.
134,618
74,671
72,858
3,823
24,448
4- 6.
131,025
73,870
71,881
3,604
20,167
 
政府+公的
純輸出
 
 
政府消費
公的資本
2017/ 1- 3.
26,808
7,192
-487
4- 6.
26,633
5,462
-681
7- 9.
26,256
6,239
-64
10-12.
26,653
7,301
-453
2018/ 1- 3.
26,937
7,262
-243
4- 6.
26,723
5,280
-259

スポンサード リンク
[ 2018年9月10日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ