アイコン 日本の世界一高いスマホ料金メスへ/総務省 6ヶ国比較表

 

 

総務省は19日、携帯電話の通信サービス料金に関する主要6ヶ国との国際比較(2017年度)を発表した。
調査したニューヨークやロンドンなど世界6都市の中で、東京が月額7,562円と最も高かった。
最も安いパリ(1783円)と比べると4.2倍に達した。 スマートフォンで国内シェア(市場占有率)1位の企業について、一般的な5ギガ・バイトのデータ容量を使う料金プランを比較。

<下げない日本>利益は安寧CEO勲章
14年度の価格水準と比べると、東京は1割程度の値下がりにとどまる。
一方、ロンドンとパリ、デュッセルドルフの3都市は約7割も安くなっていた。
ソウルは約3割、ニューヨークは約6割下がっており、東京の値下がりの鈍さが浮き彫りになった。

これは海外に比べ、格安スマホの普及が遅れ、大手に危機感がないことなどが要因。
こうした状況を受け、総務相の諮問機関「情報通信審議会」の政策部会は19日、携帯電話料金引き下げなどの課題を検証する五つの会議の新設を決めた。2019年6月頃に中間報告をまとめる予定。
 

スポンサード リンク
スマホの利用料金6ヶ国都市比較/総務省
月条件
シェア№1比較
音声
70
70
70
70
70
メール
155
155
155
155
155
データ
2GB
5GB
20GB
5GB
20GB
使用料金/月
NTT
東京
2,680
3,760
7,022
7,562
9,317
NY
5,990
5,990
6,975
5,990
4,385
ロンドン
2,374
2,374
2,793
2,444
4,330
パリ
1,230
1,783
2,460
1,783
4,922
デュッセルドルフ
1,261
1,893
5,049
3,786
4,575
ソウル
3,504
4,256
5,009
4,445
5,521

スポンサード リンク
[ 2018年9月20日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ