アイコン 吉野家 2月期業績予想下方修正 赤字予想 バイト代高騰圧迫

 

 

牛丼チェーンの吉野家ホールディングスは27日、2019年2月期の業績予想を下方修正し、純損益が▲11億円の赤字予想と発表した。

4月時点の予想は17億円の黒字だった。純損益が赤字になるのは6年ぶり。

売上高も当初の予想より60億円少ない2050億円に下方修正した。

「吉野家」の既存店売上高が計画に届かず、「ステーキのどん」などの業態も振るわなかった。

人手不足でアルバイトの時給が上昇し、牛肉や米などの食材の費用もかさんだという。

スポンサード リンク
吉野家HD
連結/百万円
売上高
営業利益
経常利益
当期利益
16/2期実績
185,738
1,613
2,345
837
17/2期実績
188,623
1,865
2,750
1,248
18/2期実績
198,503
4,019
4,604
1,491
19/2期前回予想
211,000
4,100
4,700
1,700
19/2期今回予想
205,000
1,100
1,700
-1,100
19今予/19前予比
-2.8%
-73.2%
-63.8%
 
19期今予/18実比
3.3%
-72.6%
-63.1%
 

スポンサード リンク
[ 2018年9月28日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ