アイコン 業務停止処分「(長野の)おひさまエネルギーファンド」/関東財務局

 

 

関東財務局は、一般の人から出資を募って太陽光発電事業を行っている長野県飯田市の「おひさまエネルギーファンド」が、資金の管理体制に問題があるとして業務改善命令を受けていたにもかかわらず、改善がみられないことから、同社に対して3ヶ月間、出資者募集を停止する業務停止命令を出した。
同社は、集めた資金と自社の資金の口座を区別せず、出資金の一部を配当に充てるなど管理体制に問題があったとして、関東財務局から平成26年5月に業務改善命令を受けていた。しかし、その後も2つの資金の出し入れが帳簿で区分されていないなど改善がみられなかったという。
以上、

スポンサード リンク
法人名
おひさまエネルギーファンド株式会社
本社所在地
長野県飯田市馬場町3丁目411番地
設立日
平成16年12月24日
資本金
1,000万円
主要株主
特定非営利活動法人 南信州おひさま進歩
特定非営利活動法人 環境エネルギー政策研究所(ISEP)
おひさま進歩エネルギー株式会社
山口 勝洋
運営体制
代表取締役 菅沼 利和
取締役   木下 和美
取締役   石上 史明
監査役   土屋 巳喜雄
事業内容
1. 日本各地の自然エネルギー及び省エネルギー事業に係る匿名組合出資の募集・運営及び管理
2. 太陽光、バイオマス等の自然エネルギーを利用した発電・発熱業務及び電力・熱・燃料の販売
3. 高効率の照明や空調の省エネルギーに関する機器の導入販売及びリース
4. 自然エネルギーの環境付加価値を証書化した「グリーン電力証書」等に関する販売及びコンサルティング
関連企業
おひさま進歩エネルギー(株)
株主:
山口勝洋氏に略歴
東京大学工学部化学工学科卒。シカゴ大学院経営学修士(MBA)。アンダーセン・コンサルティング(現アクセンチュア)
「おひさま進歩エネルギー(株)」(本社:長野県飯田市)の企画・設立
「備前グリーンエネルギー(株)」の設立、初代社長
サステナジー(株)設立、代表取締役
環境エネルギー普及(株)代表取締役

スポンサード リンク
[ 2018年9月29日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ