アイコン シャープ4Kチューナー内蔵型テレビ販売へ 12月から4K・8K実用放送開始

 

 

シャープは27日、4K放送が受信できるBS4K・110度CS4Kチューナー内蔵テレビ3機種を年内に順次発売すると発表した。4Kの受信と録画が可能なブルーレイレコーダーとチューナーも11月に発売する。12月1日から始まる4K、8Kの実用放送の開始に向け、商品ラインアップを拡充する。
液晶テレビ「AQUOS 4K」は、
AN1ラインの60V型「4T-C60AN1」と50V型「4T-C50AN1」を11月17日に発売、
AL1ラインの45V型「4T-C45AL1」を12月22日に発売する。

オープン価格で、推定市場価格は税別で、4T-C60AN1が28万円前後、4T-C50AN1が20万円前後、4T-C45AL1が15万5,000円前後と見られている。
3モデルともに、BS4K・110度CS4Kチューナー×2基、地上デジタルチューナー×3基、BS/110度CSデジタルチューナー×3基を内蔵している。

スポンサード リンク

どこのメーカーも当初、販売されていた4Kテレビは4K放送を直接は受信できず、受信するには別途チューナーが必要となる。最近はどこの日本メーカーもチューナー内蔵型を出している。逆にかつて亀山モデルのTVが主力だったシャープは大きく出遅れていた。経営者が変わったからだろうか。ただ、試験放送は別にしても実用放送は12月からで年末商戦に向けまだ間に合う。

シャープは主力を何にするか迷っていたらブランド力も剥落しサンヨーになってしまう。シャープな切り口の製品が今後とも望まれる。

0928_12.jpg

スポンサード リンク
[ 2018年9月28日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ