アイコン ポルシェ ディーゼルから撤退へ

 

 

ドイツ大衆紙ビルトは23日、VW傘下の高級スポーツカーメーカー、ポルシェのブルーメ会長が、ディーゼルエンジン車の販売から撤退する考えを示したと報じた。
同紙によると、ポルシェが実際にディーゼル車から撤退すれば、ドイツの大手メーカーとしては初めてとなる。
 ブルーメ氏は、2015年に発覚したVWグループ(VW+アウディ+ポルシャ+α)によるディーゼル車の排ガス規制逃れ問題で、ポルシェも一部エンジンを共有していたことからブランドイメージが失墜したと指摘。今後は、ガソリン車やハイブリッド車、電気自動車(EV)の販売に専念する方針を示した。

スポンサード リンク


同社はスポーツ車をメインとしており、ディーゼル車の比重は少ない。

0925_01.jpg

スポンサード リンク
[ 2018年9月25日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ