アイコン ジャガー・ランドローバー 中国不振で2週間操業停止 貿易戦争・先行き懸念

 

 

英紙ガーディアンは8日、英自動車最大手ジャガー・ランドローバーが、英中部ソリフルの工場の操業を22日から2週間休止すると伝えた。
米中貿易摩擦の激化を背景とした中国市場での販売不振などを受けた対応とみられる。
工場では約9000人を雇用。操業休止による解雇はしない。ジャガー社は声明で「需要の増減に応じて供給量を調整」するためだとした。

ジャガー社の親会社インド大手タタ自動車は8日、ジャガーについて、9月の新車販売台数が前年同月比▲12.3%減の5万7114台だったと発表した。うち中国での販売不振は顕著で、米中貿易摩擦の悪化に伴う「先行き懸念」で▲約46%減少したという。
以上、

スポンサード リンク

高級車のジャガー、中国は、不正・腐敗撲滅兼反政権勢力一掃の陣頭指揮を取る王岐山が再び舞い降りており、万達を窮地へ追い込み、安邦を葬り去り、海南集団の王健会長の不可解な死、アリババの馬会長の早期退任予告、著名女優の脱税拘束など、政治家から実業界にその鉾先が向かっているようだ。
なおさら、疑わしい多くの金持ちたちは、高級外車は当局から嫉妬深く目を付けられ、買えぬ時代に至っているようだ。

1010_01.jpg

スポンサード リンク
[ 2018年10月10日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ