アイコン 片山地方創生担当相の口利き疑惑 文春を告訴へ

 

 

18日発売の週刊文春で、会社経営者が、2015年に税務調査をめぐり、片山氏の私設秘書に100万円を振り込み、片山氏本人が依頼に応じて、国税庁関係者に電話をしたとの内容を報じた。

この会社経営者は18日午前、FNNの取材に対して、記事に書かれた事実関係を大筋で認めている。

これに対して18日、片山地方創生相は記者会見し、「当該週刊誌の記事は、あたかも私が100万円を要求して国税の税務調査に介入したかのように誤解をされかねない記事が出ているが、私が特定の企業への税務調査に口利きをしたこともないし、100万円を受け取ったこともないわけだから、非常に事実誤認かつ不正確な内容が掲載されていることを大変残念に思う。昨日、早刷りを入手次第、各方面と相談し、この記事では政治家としての社会的評価が著しくおとしめられているので、現在、当該週刊誌を可及的に速やかに名誉毀損で訴える準備を進めている」と述べている。

以上、

スポンサード リンク

いつこんな大臣職が作られたのか知らないが、片山地方創生担当大臣(二階派)は、安倍首相が女性2人分3人分の力量がある女性だと太鼓判を押した人。

ほかの自民党の女性議員は片山大臣の1/2、1/3しか力量がないということ。あまりに男性議員に媚を売る女性議員が多いことの裏返しか。もういい加減に政治に関係ない芸能人や有名人たちを選挙に引っ張り出し票稼ぎに利用するのはやめてもらいたいものだ。最低でも事前2年間は政治活動すべきだ。党利党略の落下傘投入も地域を代表するとは言えず、言っていることとやっていることがあまりに違いする。

スポンサード リンク
[ 2018年10月18日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ