アイコン トヨタ自動車 中間期増収増益 北米では儲けられず

 

 

トヨタの中間決算は、北米では市場がピークアウトしていることから、インセンティブ販売競争に陥っており、利益率が日本市場とは大きな乖離がある。アジアが好調に推移しており、全体を牽引している。
トヨタは中国にターゲットを定めているのか、市場が低迷している中、気勢を上げ、10月は19.5%増の134,600台を販売し、1~10月でも13.2%増の1,215,100台販売している。
中国市場も伸びは低迷しており、1~9月までの乗用車の販売台数は0.6%増の1,725万9700台にとどまっている。そうした中でトヨタは大きく伸ばしている。
トヨタは、販売高と営業利益はアジアに包含させ、個別には開示していない。

なお、トヨタとレクサスブランドの2018年3月期の生産台数は、日本が3,199千台(うち輸出が1882千台)、海外が5,724千台となっている。
米国での営業利益率の回復が望まれよう。
 

スポンサード リンク
 
日本
北米
/億円
売上高
営利
売上高
営利
18/3期
160,248
16,599
10.4%
105,744
1,388
1.3%
19期Q1
38,654
3,959
10.2%
27,911
635
2.3%
19期Q2
40,123
3,542
8.8%
26,364
474
1.8%
19中間期
78,778
7,502
9.5%
54,275
1,109
2.0%

 

トヨタ 第2四半期 
連結/百万円
売上高
営業利益
←率
税前利益
株主利益
18/3期Q2
14,191,207
1,096,541
7.7%
1,252,173
1,071,328
19/3期Q2
14,674,006
1,261,845
8.6%
1,548,809
1,242,392
19Q2/18Q2比
3.4%
15.1%
 
23.7%
16.0%
19/3期予想
29,500,000
2,400,000
8.1%
2,720,000
2,300,000
19予/18期比
0.4%
0.0%
 
3.8%
-7.8%
18/3期
29,379,510
2,399,862
8.2%
2,620,429
2,493,983
17/3期
27,597,193
1,994,372
7.2%
2,193,825
1,831,109
16/3期
28,403,118
2,853,971
10.0%
2,983,381
2,312,694

スポンサード リンク
[ 2018年11月 7日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ