アイコン OECD 中国のプラットフォーマー「BAT」を監視必要と

 

 

経済協力開発機構(OECD)(本部・パリ)は、「プラットフォーマー」と呼ばれる巨大IT企業を巡り、近くまとめる報告書案が判明した。
電子商取引のアリババ集団など「BAT」と称される中国勢が、インターネット通販や決済サービスなどを通じて影響力を強めていることを受け、監視の必要性を強調している。

BATとは、ネット検索のバイドゥ、アリババ、ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)のテンセントの中国企業3社。
テンセントやアリババは株式時価総額で米国勢を追い上げ、バイドゥは中国の検索サービスで約7割のシェア(占有率)を持つ。

報告書では、世界の主要プラットフォーマー12社について調査、分析した。
中国勢は、保護主義のおかげで急成長したと分析。外国の巨大IT企業を排除し、「厳しい競争に直面することなく、国内利用者を何億人にも拡大できた」と指摘した。
以上、

スポンサード リンク

中国政府は、通信会社のみならず、政治家・企業・個人に至るまですべてを監視・プラットフォーマーも当然、従わせている。このため、外資が結果的に排除されている。

世界のプラットフォーマーの代表格はGAFAと呼ばれるGOOGLE、APPLE、FACEBOOK、それにAMAZONを含めた4社。
中国勢は、自国だけでも14億人の潜在ユーザーを持ち、巨大企業に化ける。
 

スポンサード リンク
[ 2018年11月15日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ