アイコン テスラ・モーターズ 会長に豪通信社財務元担当者就任 非上場化一件落着

 

 

テスラ・モーターズは、米EVメーカー
CEOは、南アフリカ出身のイーロン・マスク氏(スペースXのCEO兼任)
会長は、オーストラリアのデンホルム氏に

テスラ・モーターズは、マスク氏がモデル3の量産化が遅れ、ヒステリー状態となり陣頭指揮してやっと軌道に乗せたものの、証券会社に大幅に遅れていると書き立てられ株価は乱高下、苛立ちが続いていた。そうした証券市場に嫌気し、何気なくツイッターに非上場化すると呟いたものの、その書き込みが証券市場で大問題になってしまった。

アメリカ証券取引委員会(SEC)は、イーロン・マスクCEOの今年8月のツイッター投稿が、投資家を欺いたとして裁判所に提訴。その後、マスク氏とテスラがそれぞれ日本円で約22億円の罰金を支払い、マスク氏が兼任していた会長職を退任し、後任には外部の独立した人物を据えることなどで和解していた。

スポンサード リンク

テスラは、イーロン・マスクCEOのいわば、お目付け役として、オーストラリアの大手通信会社の女性幹部が会長に就任したと発表した。
新会長に7日就任したのは、オーストラリアの大手通信会社テルストラで財務などの責任者だったロビン・デンホルム氏(女性)。
テスラによると、デンホルム氏は、オーストラリアとアメリカの通信業界での経験が長く、2014年からテスラの独立取締役を務めていたほか、トヨタ自動車に勤務したこともあるという。
デンホルム氏は、いわば、お目付け役として会長に就任した形で、「持続的な会社の利益と長期的な株主の価値を上げるためにマスク氏やテスラと協力していく」とコメントしている。

テスラの量産化は現在は軌道に乗りつつあるものの、予約購入者に送る物流手段で問題が生じ、物流用トラックを自社で設計して造るとまで言い出していた。米国は好景気で急激な物流増には対処できないのが実情だろう。対処するには物流経費を計画より大幅に高くするしかなく、テスラの大幅な赤字をさらに圧迫する。
テスラの10月の販売台数は前年比3.2倍の14,800台、1~10月までは148%増の89,250台。
週3.5千台程度、計画では5千台まで送球に引き上げるとしていたが、置き場や物流も影響し、販売は5千台には至っていない。

スポンサード リンク
[ 2018年11月 9日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ