アイコン 桜島 14日未明噴火 4000メートルに達する 7月16日以来の高さ

 

 

桜島が14日午前0時43分ごろ、南岳山頂火口で爆発的な噴火を発生せ、噴煙が火口から4000メートルの高さまで上がった。

桜島で噴煙が4000メートルに達したのは、今年7月16日ロンブー敦が取材番組中に発生して以来。地元民はいつものことで慣れ、何の反応もないが、敦はびっくりしていた姿が放映されていた。

ま今回の噴火で、大きな噴石が、火口から1300メートルから1700メートルにあたる4合目付近まで飛んだ。
噴煙は、火口から南東の垂水市や鹿屋市方向へ流れていて、気象台は降灰予報を出して、注意を呼びかけている。
以上、報道参考

スポンサード リンク

以前は、頻繁に噴火していた時期も有ったが、最近はそうした噴火が続く日は少なくなっているようだ。阿蘇山も落ち着いている。

今朝6時、噴煙がおさまった櫻島の夜明け
1114_08.jpg

スポンサード リンク
[ 2018年11月14日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ