アイコン 文在寅大統領 支持率遂に50%割れ48.8%に 国民、経済政策変更求める

 

 

韓国の世論調査会社、リアルメーターが29日に発表した文在寅大統領の支持率は、前週より▲3.2ポイント低い48.8%となった。
最高80%あった支持率も、ここ9週連続で下落し、就任後初めて50%を割った。不支持率は3.3ポイント上昇の45.8%。
調査はTBSの依頼を受け、26~28日に全国の有権者1508人を対象に実施された。
今回の調査では中道層(支持46.5%、不支持50.0%)で初めて不支持が支持を上回り、就任以来支持率の高かった50代(支持37.9%、不支持57.4%)でも不支持が優勢となった。
 リアルメーターは支持率の低下について、雇用・投資など経済指標の悪化が続き経済回復に対する期待感が低下したことや、米朝非核化交渉で膠着状態が続いていることが要因となったと分析している。

政党支持率は、
与党で社会主義政権の「共に民主党」が前週より▲1.6ポイント低い37.6%と、9週連続で下落した。
最大野党「自由韓国党」は3.3ポイント高い26.2%で5週連続の上昇し、約2年ぶりに25%を回復した。
隠れ与党の文在寅大統領の娘が党員だったことから人気が出た社会主義の「正義党」は▲0.6ポイント下落の8.2%、
野党の「自由韓国党」(元セヌリ党)から脱退した「正しい党」と中道の安哲秀らの「国民の党」が合体した「正しい未来党」は▲0.1ポイント下落の5.9%、
野党の「正しい党」と「国民の党」の合体に反発した「民主平和党」は0.8ポイント上昇の3.0%だった。
いずれの政党も「親日」では生きられない洗脳された韓国民の現状があり、いずれも反日政党、どの政党でも女性議員たちの反日発言は厳しいものばかり。

スポンサード リンク

国民は経済政策の転換を求めていようが、政権は所得主導経済政策を全うするしか能がなく、変えようがない。文政権は8月の段階で年末には効果が現れるとし、10月になると来年には効果が出てくると発言し、最近では後2年辛抱すれば絶対その効果が出ると発言している。
2年先まで、韓国経済が持つか定かではない。
韓国の製造業は輸出関連企業が多く、原価コストが大幅に上がれば世界で競争に勝てないとして、すでに大挙してベトナムなどへ工場を逃避させている。
こうして、韓国企業は生き残ろうが、韓国内の製造業の衰退で経済は疲弊するばかりとなる。

中国からの観光客回復増や化粧品など物品や文化輸出の制裁解除を願い、中国に対して三顧の礼ではなく3不表明までした文政権であるが、最近はその中国さえ相手にしなくなった。
多血民族で頑固な政権のため、軌道修正などない。
失業率が高く国内経済が疲弊している中で16.4%も一度に最低賃金を上昇させ、非正規雇用を当局が企業訪問して一度に正規職にさせるなど、誰が考えてみても経済が大問題となるものを、社会主義政権の文政権は強行突破、来年も10.9%上げる。
ますます韓国から工場逃避する企業が増え、ますます韓国経済は悪化し、ますます支持率は低下し、ますますマスターベーションを金正恩とかきまくる文在寅大統領となる。
 

スポンサード リンク
[ 2018年11月29日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ