アイコン 北朝鮮の遭難船は空を飛んでいた 韓国駆逐艦「広開土大王」のミサイル管制レーダー照射

 

 

共同通信などは21日、岩屋防衛相は、「韓国海軍艦艇が20日午後3時ごろ石川県能登半島沖の海上で、海上自衛隊のP-1哨戒機にレーダーを照射した」とし、「韓国側に強く抗議し、再発防止を求めた」と述べた。
海上自衛隊が、当時の状況を解析したところ、レーダー照射は、複数回にわたって確認され、一定時間続いていたことが分かったという。
防衛省は声明で「火器管制レーダーは、攻撃実施前に攻撃目標の精密な方位・距離を測定し、目標に照準を合わせ、追尾するために使用する。照射は、不測の事態を招きかねない危険な行為であり、仮に遭難船を捜索するためであっても、非常に危険な行為だ」と指摘した。

<最大の問題点は、問い合わせに回答なし>
今回、哨戒機は火器管制レーダー照射を受けて回避する行動をとり、回避したあと、哨戒機から駆逐艦に対し、「どういう意図なのか」と問い合わせしたが、『応答がなかった』という。
この、『応答がなかった』ことが最大の問題であり、ここまで問題を拡大させている原因でもある。事前に、哨戒機に対して、火器管制レーダーを照射するという通告も警告もなかった。
  
実際、韓国側が主張するような遭難船捜索に火器管制レーダーを使用し、空を飛んでいる哨戒機と海上を漂う遭難船を見誤って、レーダー照射を続けていたならば、哨戒機の問い合わせに対し、駆逐艦側から、正式に回答があるはずだ。

スポンサード リンク

<一方、韓国国防部は・・・>
韓国国防部は、「わが軍は、正常な作戦活動中にレーダーを運用したが、日本海上哨戒機を追跡する目的で運用した事実はない」と明らかにした。続いて「我々は(日本側に)説明したが、今後、日本側に誤解がないように十分に説明する」と述べた。

複数の(韓国)軍関係者によると、事実、広開土大王級駆逐艦は20日、鬱陵島・竹島近くの大和堆の漁場で操業中だった(北朝鮮の)漁船が遭難したとの連絡を受け、救難活動のために日本海上から日本の方面へ航行していた。「この日、北朝鮮の遭難船のために、レーダーを稼働したのを日本が誤解し、この点をすでに日本側に説明した」とし、「すでに午前からレーダーを稼働した状況だったため、日本を狙ったのではないことは明らかだ」と説明しているという。

<韓国・海警艇ではなく駆逐艦出動>
韓国は、日本の海上保安庁のように海洋警察庁があり、海洋警備艇で海洋警備に当たっている。小さな漁船の遭難に海警艇ではなく、海軍駆逐艦を使用する異常さは何を物語っているのだろうか。
北朝鮮の漁船だったからだろうか、それとも日本の反応を含め、実践演習の腹積もりだったのだろうか。

<日本側に遭難船の救助要請なし>
大和堆での救難活動ならば、当然ながら、日本側にも協力要請すべきだろうが・・・何か不可思議なことばかりだ。

<韓国側は同海域を日韓暫定海域と称している>
それは、日本側に1円の利もない日韓漁業協定を、統一教会の日本進出から存在する日本の韓国派の保守政治家たちが締結させ、暫定水域を設定したことに最大の問題があろうか。それも日本側に大きく食い込ませる形で設定させいる。
それを根拠に韓国側はEEZを設定し、日本のEEZを無効化させようとしている。
結局、自国民さえ平気で何万・何十万人も大量虐殺し続けた極悪人の李承晩韓国大統領が、李承晩ラインを設定して、『竹島』を実効支配した「竹島問題」が原点に絡んでくる。日本の国益を韓国側に差し出す国会議員たちが日本に存在する以上、この問題は解決しない。

<↓防空識別権>
1223_01.jpg


<↓日本が、韓国のカニ密漁船を逮捕した際のマスコミ作成地図>
隠岐から約100キロ地点での逮捕、竹島-隠岐間は157キロ。

1223_02.jpg

↓ミサイル射撃管制用レーダー照射事件、韓国・朝鮮日報の作成図
韓国側は中間水域と漁業協定(停止中)による暫定水域を重ね合わせている。
韓国側は漁業協定(中止)による暫定水域をいつのまにか日韓中間水域と称して、EEZ資源を強奪しようとしている。売国奴の国会議員たちにより、漁業協定の暫定水域を、日本側に大きく食い込ませている。

1223_03.jpg

スポンサード リンク
[ 2018年12月23日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ