アイコン 韓国海軍の駆逐艦が自衛隊哨戒機を攻撃用レーダーで照射 遭難船は空を飛ばない

 

 

韓国文政権は大和堆を暫定水域や韓国のEEZ内だと主張している。

防衛省は21日、石川県の能登半島沖の日本海で20日午後3時ごろ、海上自衛隊のP1哨戒機が、韓国海軍の駆逐艦から射撃管制用レーダーの照射を受けたと公表した。

韓国海軍の駆逐艦の射撃管制用レーダーが作動しているのを海上自衛隊の哨戒機の乗員が目視し、その後、レーダーの照射を受けたことが哨戒機の計器に表示されたという。

現場は、日本の排他的経済水域の上空で、当時、哨戒機は通常の警戒監視の任務にあたり、駆逐艦の周囲では韓国海警の警備救難艦も航行していたという。

射撃管制用レーダーは、ミサイルなどを発射する際に目標に照準を合わせて追尾するために使われるもので、今回、哨戒機はレーダー照射を受けて回避する行動をとったという。

また、回避したあと、哨戒機から駆逐艦に対し、「どういう意図なのか」と問い合わせたが、応答はなかったという。

スポンサード リンク

防衛省は、照射を受ける前の哨戒機の行動について適正だったとしていて、当時の詳しい状況や韓国側の意図について分析することにしている。

岩屋防衛大臣は、防衛省で記者団に対し「韓国側の意図ははっきりわからないが、レーダーの照射は、基本的に火器の使用に先立って実施する行為だ。これを相手に照射することは不測の事態を招きかねない極めて危険な行為だと」と述べ、韓国側に同日、外交ルートを通じて抗議するとともに、再発防止を求めたことを明らかにした。

そのうえで、岩屋大臣は「照射を受けた場所は、竹島からはかなり距離があった。どのような意図で行ったか照会したものの、応答はなかった。日韓防衛当局の連携は、北朝鮮問題をはじめ、海洋における安全保障、あるいは大規模自然災害への対応などさまざまな課題に対処し、インド太平洋地域に平和と安定をもたらす上でますます重要であるにもかかわらず、今回の事案が発生したことは極めて遺憾であり、韓国側に再発防止を強く求めていく」と述べた。

外務省の金杉アジア大洋州局長は21日、東京にある韓国大使館の次席公使に電話し「日韓防衛当局の連携が重要な中、今回の事案は遺憾であり、再発防止を強く求める」と抗議した。
また、韓国外務省にもソウルの日本大使館を通じて同様の抗議を行った。

<韓国側の言い訳>
韓国国防部は、「通常の作戦中にレーダーを運用したが、日本の哨戒機を追跡する目的で運用した事実はない。誤解が生じないよう、日本側に十分に説明する」と声明を発表。
「(北朝鮮の)遭難したとみられる船舶がいたため、レーダーを使用したところ、日本の哨戒機が瞬間的にレーダーの範囲内に入った」としている。

(遭難船の捜索ならば、通常レーダーで行う。攻撃用のレーダーで調べることなどありえない。2隻いたことになり、2隻の通常レーダーで捜索するもの。百歩譲って攻撃用レーダーを遭難船に向け照射したとしても空に向けて照射するとは、北朝鮮の遭難船は空でも飛ぶのだろうか、いい加減な韓国政府の釈明だ。広開土大王艦のスイッチが入ったハネ上がり分子たちの仕業だろうが・・・、こうしたことで、軍事衝突に発展するというのは歴史が証明している)

<過去のレーダー照射>
周辺国の軍隊との間では、
2013年に尖閣諸島から北に100キロ以上離れた東シナ海の公海上で、海上自衛隊の護衛艦が、中国海軍の艦艇から射撃管制レーダーを照射される問題が発生し、日本政府が、危険な行為だとして中国側に抗議した。

一方、防衛省の複数の幹部は、「韓国軍との間では、こうした問題が起きたことは聞いたことがない」と話していて、極めて異例の事態。

韓国軍と自衛隊をめぐっては、今年10月、韓国で国際観艦式が行われた際、韓国側が自衛艦旗の「旭日旗」の掲揚を認めなかったため、防衛省は艦艇の派遣を見送った。
この観艦式では、文大統領は、自ら座乗艦の駆逐艦に、豊臣秀吉の朝鮮侵略と戦った李瞬水将軍を象徴する旗を、反日を象徴して掲げさせていた。

ただ、複数の自衛隊幹部は「政府間の問題とは別に、韓国軍との間では、良好な関係が続いていると思っているので、今回の問題には驚いている。韓国軍側の意図を詳しく調べる必要がある」と話しているという。
以上、

<韓国にとって日本は仮想敵国>
自衛隊の幹部がどう思おうと、韓国軍は、竹島において、日本を仮想敵国として、島嶼防衛と称して、海軍、空軍、海兵隊、海警隊を動員して毎年2回大規模演習を行っている現実がある。
対北に対する米韓軍事演習を、韓国政府側の申し入れで米軍が中止させている現状で、対(仮想敵国)日軍事演習はぬけぬけと続けている。

文在寅現大統領が、当時、最高実力者として君臨していた盧武鉉大統領時代、日本政府が竹島海域へ調査船を派遣したところ、盧武鉉政権に追い払われた事実を再現させる文在寅の時代であることを忘れてはなるまい
(当時、盧武鉉政権は島根の自衛隊基地への攻撃を検討したと米紙が当時報道している)。

すでに、韓国軍の下士官たちのあいだでは、日本は仮想敵国どころではなくなっている可能性すらある。

<韓国で反日教育が続く限り>
韓国では、小学校低学年から一貫して反日教育を受けさせ、韓国政府、ロウソク民心裁判所、全マスメディアの有り余る反日の情宣活動により、国民はすべて反日に洗脳されており、韓国民は、スイッチが入れば、すぐ、反日行動を起こす分子になっている。軍隊でも同じ、武器を操るだけにさらに脅威だ。
特に現在の政権は、日本に対しては、コントロールを効かせるような政権ではない。

現在の鄭景斗国防長官は、文政権における長官であり、日本の航空自衛隊幹部学校に留学経験など屁のツッパリにもならない。自衛隊幹部諸君の甘い幻想にすぎない。

昨年、北朝鮮が核実験やICBMの実験を立て続けに行う中、文政権の中国に対する3不表明(10月31日)の結果、昨年11月行われた日本海における米空母3隻による合同軍事演習において、文政権は米軍の要請を断り、日本の参加を拒否、米韓、日米と別々に演習を行った。
この10.31の3不表明こそが、文政権による日韓の致命的な別離であることを証明させている。

日本が軍事力強化を図るならば、抑止力からしても中途半端に軍事力を強化すべきではない。

<大和堆を韓国側は狙っている>
暫定水域は毎年の日韓漁業協定の締結が前提条件。
日本政府は、大和堆は日本のEEZ内だと主張しているが、韓国側は暫定水域や竹島を基点に200海里(370キロ/1.852キロ)までの大和堆を韓国のEEZだと主張し、韓国の漁船も大和堆に入っており、先般は漁船同士の衝突事件もあった。日本の巡視船がすぐ現場に入ったが、近くの韓国海警艇と一時対峙した。

このように、いまや、韓国側は、大和堆を我が物顔で、警備艇と同行して漁をさせているのが実態だ。日本政府は、軍事力強化を図るべく、北朝鮮の大量の木造漁船の侵入ばかりを国民に対して宣伝流布しているが、実態は韓国漁船も日本のEEZ内で操業しているということを明らかにした衝突事件であった(日本側漁船がぶつけたことになっている)。

日本政府もへっぴり腰に対応すれば、付け入る隙を拡大させるばかりだ。

1222_04.jpg

暫定水域は、日韓漁業協定で毎年行う漁業協定が、韓国側の違法操業が続き、締結されておらず、現在消滅し、両国は日韓双方のEEZ内操業となっている。
過去の日本政府の議員たちは銭をもらっているのか韓国融和派・譲歩派が非常に多く、日本側のEEZ側に大きく食い込ませた暫定水域に、日本の漁民を苦しめる結果を招いていた。当時の日本政府は日本の漁民より、韓国様が大事だというとんでもない人たちだった。韓国にさえ平気で土下座外交をする日本の議員たちである。文大統領が面会し大感激して帰国した議員たちである。

1222_05.jpg

日韓漁船同士が衝突した現場 2018年11月15日
網を引き上げていた韓国漁船に対して、日本漁船が衝突したものとされる。

1222_06.jpg

2018年11月20日には、
大和堆周辺の日本の排他的経済水域内で操業していた日本のイカ釣り漁船が、韓国の海警艇から「操業を止めて海域を移動せよ」との無線交信を受ける事案が発生。無線を確認した日本の海上保安庁は、韓国の海警艇に対し、EEZ内でのこうした要求は認められないと通告した。また、同日、日本国外務省が外交ルートで韓国側に抗議した。

<攻撃用レーダーを照射した駆逐艦「広開土大王」>
駆逐艦「広開土大王」(KD-I型/971艦)/通常艦でイージス艦ではない。
特徴、甲板後報にヘリポート、煙突が2つに分岐。
広開土大王級駆逐艦には、乙支文徳(1999年6月就役/972艦)と楊万春(2000年6月就役/973艦)の計3隻がある。

 

広開土王級駆逐艦
満載排水量
3,855t
 
全長
135.4m
 
全幅
14.2m
 
主機
CODOG
 
 
LM2500ガスタービン 2基(58,200馬力)
 
 
MTUディーゼル 2基(8,000馬力)
 
速力
30kt
 
乗員
170
 
就役
1998年7月
 
<兵装>
対空ミサイル
Raytheon RIM-7P シー・スパロー
Mk,48 Mod2 VLS(16セル)1基
対艦ミサイル
McDonnell Douglas RGM-84D ハープーン
4連装発射筒 2基
OTO Melara 54口径127mm単装砲
1
近接防御
Signaal ゴールキーパー30mmCIWS
2
魚雷
MK.46 mod5 324mm短魚雷
3連装発射管 2基
ヘリコプター
スーパーリンクス
1
 
 
 
<電子兵装>
2次元対空捜索レーダー
Raytheon AN/SPS-49(V)
1
対空3Dレーダー
Signaal MW08(追跡用信号マルチビーム捕捉レーダー、Gバンドパッシブ電子スキャンアレイターゲット表示3Dレーダー
1
航海レーダー
Daewoo SPS-95k
1
火器管制レーダー
Signaal STIR180
2
火器管制レーダー
AN/UPX-27K
 
火器管制レーダー
ARGOSystems AR700
 
 
ARGOSystems APECS2
 
魚雷デコイ
SLQ-25
 
戦闘システム
BAe SEMA SSCS MK.7
 
FCS
SWG-1A(v)ハープーン管制システム
照射したレーダー
MK.91 mod3 シー・スパロー管制システム
通信システム
Litton KNTDS LINK11
 
ソナー
ATLAS DSQS-21BZ
 
 
<照射したのは駆逐艦「広開土大王」971艦>
1222_07.jpg

 

スポンサード リンク
[ 2018年12月22日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ