アイコン 今週のアクセスが多かった倒産・ニュース

 

 

今週のアクセスが多かった倒産や一般ニュースを紹介。

今週の一番注目された記事は、元JQ上場のイーター電機工業(株)の倒産記事。

 

世間で注目されていたニュースはやはり「韓国軍のレーダー照射」だろう。

このままでは日韓は確実に国交断絶になりかねない・・・、とはいえ「友好」を望んでいるのは日本だけだ。

テレビでは、未だ日本文化が制限している韓国の文化を「韓流」と名付けて有難がっている。

間抜け以外の何物でもない。

 

スポンサード リンク
 

元JQ上場のイーター電機工業(株)(東京)/自己破産へ 負債50億 <スイッチング電源機器製造>

電源スイッチング製造のイーター電機工業(株)(東京都大田区本羽田2-16-1、代表:髙橋洋)は12月25日事業停止、事後処理を新垣卓也弁護士(電話03-3435-1177)ほかに一任して、自己破産申請の準備に入った。

負債額は約31億円。

同社は昭和54年12月設立の各種電源スイッチング製造会社。生産工場を東京本社のほかマレーシアなど各地に生産拠点を構築し平成13年3月期には約93億円の売上高を計上していた。

 

東洋アルミ(株)(埼玉)/特別清算開始命令

アルミニウム合金管と棒製造の東洋アルミ(株)(所在地:埼玉県さいたま市浦和区常盤1-3-27 代表清算人:石井良平)は12月12日、さいたま地裁において特別清算開始命令を受けた。

負債総額は約15億円。

 

ホウコク(株)(愛知)/破産手続き開始決定 (繊維製品卸)

繊維製品卸業のホウコク(株)(所在地:愛知県名古屋市守山区新守山1110 代表:加藤誠)は12月21日、名古屋地裁において破産手続き開始決定を受けた。

負債総額は約10億円。

 

負債1000億円破産のケフィア 代表ら2人破産開始決定

負債額約1000億円を抱え9月3日破産手続きの開始決定を受けた(株)ケフィア事業振興会(東京都千代田区、代表:鏑木秀彌)は、現在までにグループ28社が破産手続きの開始決定を受けている。

そうした中、代表の鏑木秀彌と鏑木武弥の親子も12月14日、東京地方裁判所において、破産手続きの開始決定を受けた。
ケフィア事業振興会は、「柿」「干し柿」など果樹を中心に取り扱い、太陽光発電などにも進出していたが、その投資金は、とんでもない高金利の年利20%超で「オーナー制度」で設け、巨額の出資金を集めていた。

 

追報:日本機動建設(株)(兵庫)/破産手続き開始決定 <土建業>

既報。土木工事と砕石販売の日本機動建設(株)(所在地:兵庫県姫路市広畑区蒲田3-160 代表:吉田雅彦)は12月17日、神戸地裁姫路支部において破産手続き開始決定を受けた。

負債総額は約19.6億円。

同社は、昭和39年3月に設立。

 

(株)戸田商店(福島)/自己破産へ <卸業>

 菓子・食品卸業の(株)戸田商店(所在地:福島県喜多方市大谷地田3949-2 代表:戸田祐一郎)は12月18日、同日に事業を停止し、事後処理を一任、自己破産申請の準備に入った。

負債総額は約2.5億円。

スポンサード リンク

[ 2018年12月29日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ