アイコン 「サブウェイ」FC展開の(株)エージー・コーポレーション(東京)/破産開始決定 <飲食店>

 

 

サンドウィッチ「サブウェイ」FC展開の(株)エージー・コーポレーション(東京都品川区大井1-22-5、代表:森岡篤史)は1月16日、東京地方裁判所において、破産手続きの開始決定を受けた。破産管財人には、相羽利昭弁護士(電話03-3356-5251)が選任されている。

負債額は約11億円。

同社は平成13年4月設立のサンドウィッチ「サブウェイ」フランチャイズ店舗展開会社。約20店舗を展開し、ほかにステーキ店の

スポンサード リンク
 

FC店も運営し、平成30年3月期には17億円台の売上高を計上していた。しかし、サンドウィッチ事業は軌道に乗らず、出店にかかわる借入金や人件費などの運営費に資金を食われ、資金繰りに行き詰った。

以上、

サンドウィッチは周期的にFC展開されるが、これまで成功したためしがない。今回は米サブウェイのFCだったが、結果は同じであるようだ。ブームは作れるが、いつも長続きしない。

日本人が米国人並みに昼食をハンバーガーで済ますことができるようになるまで、サンドウィッチもFC展開では定着しないだろう。

スポンサード リンク

[ 2019年1月16日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ