アイコン (株)日本ヘルスケアビジネス(東京)/破産開始決定

 

 

医療報酬請求書確認事業の(株)日本ヘルスケアビジネス(東京都台東区浅草橋3-24-8、代表:織田敏文)は1月22日、東京地方裁判所において、破産手続きの開始決定を受けた。破産管財人には、岡田隆弁護士(電話03-3239-7320)が選任されている。

負債額は約5億円。

スポンサード リンク

同社は昭和44年創業の医療報酬の請求書(レセプト)確認代行業者。大手企業などの健康保険組合を顧客先に以前は10億円以上の売上高を計上していた。そうした中、スーパー銭湯事業に乗り出したものの競合から事業失敗、財務内容を悪化させ、本業も健康組合の内製化が進み売上不振が続き、平成30年3月期の売上高は1億円台まで落ち、資金繰りに窮し今回の事態に至った。

スポンサード リンク
[ 2019年1月29日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ