アイコン 着付け教室 悦文(株)(福岡・東京)/自己破産申請 悦文カルチャーセンター

 

 

着付け教室の悦文(株)(東京都中央区日本橋人形町2-20-9、00万円、代表:新岡淳)は1月11日、申請処理を上村武弁護士(福岡市中央区赤坂1-7-23、電話092-739-4200)に一任して、福岡地方裁判所へ自己破産申請した。

同社は平成18年6月東京で設立された着物着付け教室会社。東京、福岡、大阪、名古屋に事業所を開設し、着物着付け教室を各地のホールなどを借りて定期的に展開していた。また、着付け教室に参加した生徒を対象に呉服を販売していた。

しかし、インバウンドの着物人気とは異なり、主婦層は消費不況が続き、着物を着るゆとりも時間もなくなり、着物衰退に拍車をかけており、同社は、集客数が伸びず、事業停止状態となっていた。

以上、

スポンサード リンク
 

着物需要を増加させるためには金持ちの女性たちが着物を着るしかない。日本の文化を愛する首相や閣僚の奥さんたちは積極的に着物を着用すべきではないだろうか。

東京オフィス:上記

福岡オフィス:福岡市中央区天神3-11-1、4階

大阪オフィス:大阪府大阪市中央区博労町3-6-14、5階

名古屋オフィス:愛知県名古屋市中区丸の内2-14-4、9階

スポンサード リンク

[ 2019年1月21日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ