アイコン 中南勢開発(株)(三重)/破産手続き開始決定

 

 

宅地開発販売の中南勢開発(株)(三重県松阪市大黒田町305-3、代表:久保次郎)は1月23日、津地裁松阪支部において、破産手続きの開始決定を受けた。破産管財人には、塚越正光弁護士(電話059-351-8001)が選任されている。

スポンサード リンク

負債額は約5億5千万円。

同社は昭和44年7月設立された宅地開発分譲会社。以前は9億円台の売上高を計上していたが、住宅不況下、競争も激化して、事業の販売回転が鈍化、借入金も大きく、資金繰りに窮するようになっていた。

 

 

スポンサード リンク
[ 2019年1月31日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ