アイコン 「富士御殿場ゴルフ倶楽部」のサンユウ産業(株)(東京)/民事再生申請 負債2百億円 PGM傘下へ

 

 

18Hの富士御殿場ゴルフ倶楽部運営のサンユウ産業(株)(東京都千代田区内神田3-2-11、代表:福島範治)は1月30日、東京地方裁判所へ、民事再生法の適用申請をした。

連絡先:富士御殿場ゴルフ倶楽部再生推進室(電話03-3254-8673)。
負債額は約200億円。

同社は昭和46年6月設立したゴルフ場経営会社。所有するゴルフ場は18Hの「富士御殿場ゴルフ倶楽部」(昭和53年オープン/静岡県御殿場市)で、富士山麓「リゾートスタイルの林間コース」として数千人の会員を擁していた。

スポンサード リンク

バブルは終焉していたもののまだ余韻があった平成8年5月期には約17億円台の売上高を計上していた。しかし、その後のバブル完全終焉、景気悪化、企業の経費節約、消費不況からゴルフ人口は激減、平成30年5月期の売上高は5億円台まで落ち、最近は赤字経営が続き債務超過に陥っていた。

同社は1月30日、パシフィックゴルフマネージメント(株)(パチンコ平和の子会社/ゴルフ場経営最大手)とスポンサー基本合意契約を締結している。

民事再生申請であるため、ゴルフ場は平常どおり営業されている。

0131_01.jpg

スポンサード リンク
[ 2019年1月31日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ