アイコン 投資用不動産売買の(株)アルファ・インベストメント(東京)/破産開始決定

 

 

投資用不動産仲介の(株)アルファ・インベストメント(東京都中央区日本橋堀留町1-10-9、代表:上山眞文)は2月14日、東京地方裁判所において、破産手続きの開始決定を受けた。破産管財人には、関戸麦弁護士(電話03-5223-7759)が選任されている。

債権者による第三者破産申し立てによる破産。

負債額は約25億円。

スポンサード リンク
 

同社は平成22年5月設立の投資用不動産の売買・仲介会社。投資用不動産を個人投資家などに販売し、平成29年3月期には約210億円の売上高を計上していた。

しかし、昨年5月、シェアハウスかぼちゃの馬車を展開していたサブリース会社(株)スマートデイズが負債額約60億円を抱え経営破産、当該案件で投資家に融資していたスルガ銀行に問題が飛び火、各金融機関が融資条件の厳格化の融資抑制策に舵きり、投資家向けの不動産売買が厳しくなり、同社の資金繰り環境が一変、経営不振に陥る中、債権者から昨年10月、破産を申し立てられていたもの。

スポンサード リンク

[ 2019年2月19日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ