アイコン 追報:ヒラノ産業(株)(埼玉)/破産手続き開始決定

 

 

既報。 ビニール・ゴム製身の回り品卸のヒラノ産業(株)(所在地:埼玉県朝霞市根岸台)は2月18日、さいたま地裁において破産手続き開始決定を受けた。

負債総額は約5億円。

スポンサード リンク
 

同社は、昭和30年7月に設立。

破産管財人には、青木孝明弁護士が選任されている。

破産債権の届出期間は平成31年4月24日まで、財産状況報告集会・一般調査・廃止意見聴取・計算報告の期日は平成31年5月20日午前11時30分。

 

既報記事
ヒラノ産業(株)(埼玉)/自己破産へ

同社は昭和30年7月設立のゴム製品・ビニール製品の卸会社。同社はビニールレインコートなど生活用品中心を自社企画し、中国で生産し、以前は7億円以上の売上高を計上していた。しかし、中国での賃金上昇、原材料費の高騰、円安為替もあり、輸入価格が大幅に上昇したことにより、採算性が大幅に悪化し、売上高も低迷し、支えきれず今回の事態に至った。

 

スポンサード リンク
 

[ 2019年2月27日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ