アイコン 追報:MT映像ディスプレイ(株)(大阪)/特別清算開始命令 <パナ子会社>

 

 

既報。パナソニック子会社で元・ブラウン管開発製造のMT映像ディスプレイ(株)(所在地:大阪府門真市松生町1-15 代表清算人:馬場英俊)は2月5日、大阪地裁において特別清算開始命令を受けた。

スポンサード リンク
 

負債額は約1033億円で、2018年度中最大の倒産となった

同社は、昭和43年8月に設立。

 

既報記事
パナ社子会社のMT映像ディスプレイ(株)/特別清算申請へ

パナ社の同社への貸付金は平成29年2月28日現在1000億円。パナ社は平成28年3月期で関係会社株式評価損残高777億円を計上、損失見積額につき関係会社事業損失引当金999億円を計上済み。

同社は昭和43年に設立されたブラウン管生産会社、液晶に押され、生産を中止、補修サービスのみの会社になっていたが、平成21年にそれも中止していた。過去のブラウン管生産時のカルテル問題を抱えており、パナ社は清算させることができないものの、来年11月までには清算を決議した。

スポンサード リンク

[ 2019年2月15日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ