アイコン スーパー銭湯「アーバンスパ湯らら」のフューチャー(株)(福岡)/自己破産へ

 

 

スーパー銭湯運営のフューチャー(株)(福岡市博多区住吉)は3月25日事業停止、事後処理を用澤義則弁護士(電話092-715-6725)に一任して、自己破産申請の準備に入った。

負債額は約2億円。

スポンサード リンク
 

同社は平成18年6月、北九州市を地盤とする総合不動産業の徳増興産が自社賃貸マンションの低層階にスパなどを開設するため設立した会社。平成20年9月には福岡市博多区住吉にスーパー銭湯「アーバンスパ湯らら」をオープンさせ、以前は4億円以上の売上高を計上していた。

しかし、徳増興産のグループ再編から、平成21年11月、徳増興産グループから独立し、現代表が経営に当たっていた。

ただ、その後は消費不況の浸透で集客不足や設備故障などが頻発し売上不振に陥り、今年1月に店舗を閉鎖していた。

スポンサード リンク
 

[ 2019年3月25日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ