アイコン 明治時代創業の(有)まるほん(秋田)/破産開始決定

 

 

仏壇仏具製造の(有)まるほん(所在地:秋田県湯沢市駒形町字八面寺下谷地)は3月1日、秋田地裁横手支部において、破産手続きの開始決定を受けた。破産管財人には、面山恭子弁護士(電話018-865-8175)が選任されている。

スポンサード リンク
 

負債額は約3億5千万円。

同社は明治20年創業の老舗の仏壇製造業者。バブル期には9億円以上の売上高を計上していたが、掛け声だけの美しい日本を象徴して、国民の仏壇離れが進み需要低迷、競争激化から最近は1億円を割り込むまで売上高が落ち、借入金も大きく、事業継続を断念した。

スポンサード リンク

[ 2019年3月 6日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ