アイコン (有)春吉(東京)/自己破産へ

 

 

水産加工品卸の(有)春吉(東京都江戸川区東葛西1-6-16、代表:小沢康晴)は2月28日事業停止、事後処理を佐藤隆昭弁護士(電話03-3564-6210)に一任して、自己破産申請の準備に入った。

スポンサード リンク

負債額は約2億円。

同社は平成9年4月設立の輸入水産物の加工卸会社。東南アジアなどで処理委託した魚を国内事業者へ卸し、自社でも魚加工を行い、以前は5億円以上の売上高を計上していた。しかし、魚価が世界的な需要拡大と不漁で高くなり、採算性が悪化、売上高も減少して、経営不振が続き、今回の事態に至った。

 
[ 2019年3月 3日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ