アイコン (株)日伸、(株)有紀(福島)/自己破産へ

 

 

管材卸の(株)日伸(福島県会津若松市町北町上荒久田字宮下63、代表:橋本保)と関連で建具など製造の(株)有紀(同、同)は3月22日事業停止、事後処理を衞本豊樹弁護士(電話03-5501-2111)ほかに一任して、自己破産の準備に入った。

負債額は(株)日伸が約5億円、(株)有紀が約3億円。

スポンサード リンク
 

(株)日伸は平成9年5月設立の管材卸業者。塩ビ・鋼管パイプ、ポンプなど上下水道資材を、建設業者向けに卸販売して、平成26年4月期には震災復興工事もあり約11億円の売上高を計上していた。

関連の(株)有紀は平成13年4月設立の建具や不燃床材などの開発・製造を業としていた。しかし、新製品の開発に多額の費用を要し、それも販売が軌道に乗らず、実質親会社の日伸からの資金供給を受けていたため、親会社とともに資金繰りに行き詰った。

スポンサード リンク
 

[ 2019年3月25日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ