アイコン 追報:「クインシーズイン」の(株)I.Aホテルズ(愛知・東京)/民事再生申請棄却 わけあり本舗関連 

 

 

インバウンド向けホテル運営の(株)I.Aホテルズ(5(愛知県豊橋市札木町66-1、代表:田中豊人)は3月27日、申請処理を小山三代治弁護士(電話03-3666-3661)に一任して、東京地方裁判所に民事再生法の適用申請、しかし、4月2日棄却され、保全管理命令を受けた。保全管理人には、田川淳一弁護士(電話03-6226-0632)が選任されている。今後、特段のことがない限り、破産となる。

負債額は約12億円。

同社は平成27年5月設立された(株)わけあり本舗の関連会社でホテル運営会社。

スポンサード リンク

同社は、愛知県豊橋市の「クインシーズイン豊橋」はじめ静岡県、山梨県などにインバウンド観光客も集客するホテルを運営、平成29年4月期の4億円台の売上高から、平成30年期には13億台の売上高に急成長させていた。

しかし、わけあり本舗グループの(株)日本の旅エンジョイが今年2月破産、同社からの貸付金が焦げ付き、また、昨年9月の台風における海外客の大量キャンセルに資金繰りが悪化し、海外からの入金遅延もあり、3月27日、負債額約5億円を抱え民事再生を申請した「わけあり本舗」と同時に同社も民事再生法の適用申請をしていた。

なお、運営するホテルは、当面営業を継続し、売却する意向。破綻理由に海外からの入金遅延もあり、今後、いつどれほど入金するのか詰める必要もある。

 

スポンサード リンク
[ 2019年4月 8日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ