アイコン キッチン用「ハタ印」製品の(株)ダイキン(大阪)/自己破産へ

 

 

プラスチック製品企画卸の(株)ダイキン(大阪府東大阪市長栄寺)は4月23日事業停止、事後処理を川端元樹弁護士(電話06-6364-6100)に一任して、自己破産申請の準備に入った。

負債額は約2億円。

スポンサード リンク

同社は昭和31年1月設立のプラスチック製の日用雑貨の容器類企画卸会社。キッチン用品メーカーや調理器具メーカーなどに向け、プラスチック製の日用容器類を企画し、外注先に製造委託して、自社ブランドの「ハタ印」や「エポックメーキング」などの製品名で卸していた。海外から安価な製品が流入して久しく、原料高もあり、同社は長期に渡り苦戦を強いられていた。

 
[ 2019年5月 7日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ