アイコン ワイルドライン(同)(大分)/自己破産へ

 

 

運送業のワイルドライン合同会社(大分市勢家)は5月17日事業停止、事後処理を田中利武弁護士(電話097-534-5520)ほかに一任して、自己破産申請の準備に入った。

スポンサード リンク
 

負債額は約2億5千万円。

同社は平成15年創業の運送業者。車両30台を有し郵便、家電、日用雑貨などを運搬し、九州・関西・関東まで運送し、平成30年12月期には約5億円の売上高を計上していた。しかし、車両の増加や営業所開設などの業容拡大に採算性を悪化させ、資金繰りにも窮するようになっていた。

 

 

 

 

 

スポンサード リンク
 

[ 2019年5月21日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ