アイコン ドナウ川の悲劇 今日にも遊覧船引き揚げに 不明者まだ9人

 

 

2019年5月29日午後9時15分ころ、ハンガリーの首都ブタペストのドナウ川、マルギット(マーガレット)橋付近で起きた遊覧船に対する大型クルーズ船の追突、遊覧船沈没事故。35人の搭乗者(ハンガリー人運航者2人、韓国人の現地案内人1人、韓国人の現地通訳2人、韓国ツアー客30人/6月7日現在:生存者7人、死者19人、不明者9人(韓国人8人+ハンガリー人1人)となっている。
遊覧船にライフジャケットは装備されていなかった。

原因:前を走航中の遊覧船に、スピードを出した大型クルーズ船が突如右に舵を切り、橋の下付近で追突し、そのまま進行しながら橋下付近で押し潰し、追突してからあっという間の7秒間ほどで遊覧船は沈没した。

スポンサード リンク

助かったのは、甲板にいて投げ出された観光客らだけで、船室にいた人たちは死亡したか行方不明になっている。
現地は、数日前からの豪雨により水かさが増しており、流れも速く、甲板にいて川に投げ出された人でも、リュックやバッグ類など持ち浮いていた人か、泳げる人しか助からなかったようだ。

沈没した遊覧船:HABLEANY(人魚)号
1969年製の老朽船/長さ27メートル、幅5メートルの内陸旅客船で、最大収容人数は60名。

0608_01.jpg

 

↓追突した 豪華クルーズ船のVIKNG SIGYN号
(運航開始:2019年4月/95室/5000トン)
バイキング・クルーズの本部はスイス
0608_02.jpg

0608_03.jpg

200トンまで引き上げ可能なクレーン船Adam Clark号
遊覧船は60トン、引きあげ当初、水を持つても100トン前後とされる。

0608_04.jpg
 

 
[ 2019年6月 8日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ