アイコン 北部九州など梅雨入り 沖縄では豪雨 2つの熱低・明日にも台風へ

 

 

九州の南にあった梅雨前線が太平洋高気圧の勢力拡大で北へ押し上げられ、北部九州も待望の雨が降り梅雨入りとなった。

ただ、沖縄付近とその南海には、2つの熱帯低気圧があり、沖縄では豪雨となっている。今後2つの熱低は台風となり北上を続け、梅雨前線を刺激し、西日本各地に大雨をもたらす可能性が高い。また、熱低=台風が直撃する地域では、それまでに梅雨前線の影響で地盤が緩んでおり、集中豪雨・土砂崩れなどにも注意が必要。

沖縄では26日、熱低の影響により豪雨となり、警報が出され、土砂崩れも発生、沖縄本土南部から北部に至るまで避難勧告が各地に出されている。

気象庁によると、沖縄の南の海上にある熱帯低気圧が27日にかけて発達して台風に変わる見込みで、26日夜、沖縄本島地方に接近したあと鹿児島県の奄美地方を北上し、27日の朝以降、西日本の太平洋側に近づくおそれがある。

さらに、九州付近にある梅雨前線に向かって湿った空気が流れ込んでいるため、発達した雨雲がかかっている。

スポンサード リンク

熱帯低気圧から変わる台風に加え前線も北上するため、さらに広い範囲で大気の状態が不安定になる見込みで、

27日朝までの24時間に降る雨の量はいずれも多いところで、
▽九州南部で250ミリ、
▽沖縄地方で180ミリ、
▽奄美地方と四国で150ミリと予想され、
さらに、28日朝までの24時間では
▽四国で200ミリ~300ミリ、
▽九州南部で100ミリ~200ミリの雨が降って大雨となるおそれがある。

 

気象庁が26日10時55分発表した全国の週間天気予報は、

北日本から西日本にかけては、前線や湿った空気の影響で曇りや雨の日が多い。

沖縄・奄美は、期間のはじめは台風に発達すると予想されている熱帯低気圧や前線の影響で曇りや雨となるが、その後は高気圧に覆われて晴れる日が多い見込み。

 なお、期間のはじめは、沖縄・奄美から東日本にかけて、前線や台風に発達すると予想されている熱帯低気圧の影響で、荒れた天気や大雨となる所がある。

また、30日頃も、北日本や東日本の日本海側では、前線の活動の程度によっては大雨となるおそれがある。

最高気温は、

北日本は、平年並か平年より低いが、期間のはじめは平年より高い所もある。東日本は平年並か平年より高い見込み。

西日本は期間の前半は平年並か平年より高いが、後半は平年並か平年より低い。沖縄・奄美は平年並か平年より低い見込み。

最低気温は、全国的に平年並か平年より高い。

0626_06.jpg

 
[ 2019年6月26日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ