アイコン 九州全域大雨へ 鹿児島市全域に避難指示発令 姶良市・霧島市でも全域に

 

 

気象庁は、活発な前線の影響で3日午後から4日にかけて広い範囲で大雨となり、特に九州では災害発生のおそれが高まると指摘。そして「住民のかたがたはみずからの命はみずからが守らなければならない状況が迫ってきていることを認識し、早めの避難を行ってほしい」と強い危機感を訴えた。

九州南部では降り始めからの雨量が多いところで800ミリを超える記録的な大雨となっていて、鹿児島県では土砂災害の危険性が非常に高まり、「土砂災害警戒情報」が各地に発表されている。

3日朝から4日にかけては前線の活動が一段と活発になり、九州を中心に局地的に1時間に80ミリ以上の猛烈な雨が降り、平年の7月1ヶ月分の雨量を超える雨が1日で降るような大雨となるおそれがある。

スポンサード リンク

3日夜遅くまでの24時間に降る雨の量は、いずれも多いところで、九州北部と南部で250ミリ、四国で150ミリ予想され、
その後、雨がさらに強まる見込みで、4日夜遅くまでの24時間には、いずれも多いところで
▽九州南部で300ミリ~400ミリ
▽九州北部と四国で200ミリ~300ミリ
▽東海と関東甲信で100ミリ~200ミリ
▽近畿で100ミリ~150ミリ
の雨が降ると予想されている。

鹿児島市は、この大雨で土砂災害が発生するおそれが高まっているとして、市内全域の27万5287世帯、59万4943人に対して出していた避難勧告を、午前9時35分、「避難指示」に切り替えた。
5段階の警戒レベルのうち警戒レベル4にあたる情報で、直ちに全員避難するよう呼びかけている。
霧島市や姶良市でも全域に避難指示が発令されている。

↓7月3日午後1時30分の気象衛星からの画像
白い濃い部分=雨の塊が東シナ海側から長崎県を覆ってきている、今後、ゆっくり東進んでいくが、濃く白い部分が九州全体をすっぽり覆うほど大きいことから、長いあいだ大雨が降り続くものと見られる。
九州のど真ん中を横断し停滞している梅雨前線に向け、湿った大気が南から供給され続けている。
朝鮮半島にある弱い高気圧が居座り、前線の北上を妨げている。この高気圧が北上すれば、前線も北上し、梅雨ははれると見られる。

 

0703_03.jpg

0703_04.jpg

 
[ 2019年7月 3日 ]

 

 

 

関連記事

 

 



PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ