アイコン 日本車北朝鮮へ大量輸出か 美濃物流(大阪西区/徐代表)

 

 

日本の公安は北朝鮮に関する不正な動きには特に敏感で足で情報収集するのに余念がなかったが、そうしたことは、今は昔の昔のようで、何もやっていないようだ。最近の公安系の警察官は日頃何やっているのだろうか。

米シンクタンク、高等国防研究センター(C4ADS)は16日、1台50万ドル(約5400万円)以上のドイツ製高級車2台がオランダから日本の大阪などを経由しながら北朝鮮に密輸された可能性を指摘する報告書を公表した。

高級車などぜいたく品の北朝鮮への輸出を禁じた国連安全保障理事会の決議に違反する疑いがある。
また、トヨタのレクサスなど日本車計256台を含む803台が2015~17年に北朝鮮に輸出されたとも指摘した。
報告書によると、独製高級車はメルセデス・マイバッハS600ガードで、昨年6月にオランダ・ロッテルダムのターミナルに運び込まれ出港。

中国・大連⇒大阪⇒韓国・釜山の順で別の船に積み替えながら10月に⇒ロシアに渡り、北朝鮮に空輸された可能性があるという。
北朝鮮情報サイトが今年1月、平壌を走る同型の車両の画像を伝えている。
大阪には9月18日に到着し、同27日に出港。記録では日本側の荷受人は不明だが、日本から韓国への荷送り人は「美濃物流」(本社・大阪市)とされていた。

スポンサード リンク

韓国の荷受人は、同社の英語名「ミノ・ロジスティクス」を冠する企業だが、関連会社かどうかなど両者の関係は不明。
大連での荷受人や韓国からロシアへの荷送り人は、いずれも日本に登記のある貿易会社「瑞祥」。
瑞祥の登録住所は兵庫県尼崎市とみられ、美濃物流の執行役員の住所と同じという
以上、報道参照

 

社名:美濃物流株式会社/MINO LOGISITCS JAPAN CO.,LTD.
設立:2012年(平成24年)4月17日
資本金:1,000万円
代表者:代表取締役:徐正健
本社所在地:
<大阪本社>大阪市西区西本町1-9-13 FUJIビル5号館3階
<東京営業所>:東京都中央区日本橋茅場町1-9-2 稲村ビル3階-12号
事業内容:
(1)外航海運利用運送業
(2)国際複合一貫輸送業
(3)航空貨物運送業
(4)輸出入貿易手続代行業
取引銀行:三菱東京UFJ銀行心斎橋支店/三井住友銀行船場支店
取引先:丸紅㈱ 豊田通商、福原産業貿易ニット器械 大宇ジャパン㈱ プリンス商事㈱など20社

まるで、北朝鮮へ密輸するために作られたような会社のようだ。社名まで日本当局をコケにしたような隠れ蓑(美濃)の名を冠している。

日本政府は、韓国・朝鮮系の企業の輸出はトレサビリティを厳密に行うべきだ。日本からの密輸は殆どが韓国・朝鮮系の会社からだ。
日本政府は口だけ達者で、やることをやらず、韓国ばかり攻め立てていたら、墓穴を掘ることになる。

こうしたセキュリティ対策を一切立てず、見直しもせず、守銭奴の財界の要望に応え、いきなり外国人労働者を大量導入するという日本の政府。

先般の韓国の記事でも、
韓国当局が、「北朝鮮と関係がある外国船だ」と日本当局に注意喚起するよう通知していたものの、その船は韓国から通知を受けた後も、日本へ何回も入港を繰り返していたという。
そうしたことから、韓国当局は日本当局に問いただしたところ、「地方港への入港で(係官も少なく)対応しきれていない」と釈明したそうだ。

外国航路の船には住所と番号があり、すべて追跡できる。それを監視していたら、一発でわかることだ。
日本は機械化が遅れ、原始的な監視方法=人の目だけでモニターで監視活動をやっているのならば税金の無駄遣いだ。
監視カメラでは、顔画像認識ソフトを入れることで一瞬にして特定人物を割り出すことができる時代だ。

日本は官庁のデジタル化・IT化が異常に遅れている。
統計一つとっても明治時代のやり方を今もってやっている。それも江戸時代に作られたような法律によって行っている。
気がおかしくなる。

人口減の将来も見越して、国会を一院制にし、削減した予算をこうした入管当局や公安の充実に使用すべきではないだろうか。
現在は党議拘束がまかり通る時代、議員数は、頭数だけ多くとも、内閣以上に中身は何もない。
二院制の国会で票数にしか商品価値のない議員たちを乱造しても経費の無駄ばかりだ。
昔と違い派閥領袖からして顎だけ達者で骨のある領袖は一人もいない。
憲法改正では、ぜひ一院制に変更してもらいたいものだ。

 
[ 2019年7月17日 ]

 

 

 

関連記事

 

 



PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ