アイコン 追報:日本雑誌販売(株)(東京)/自己破産申請

 

スポンサード リンク
 
 

既報。雑誌・書籍の取次代行の日本雑誌販売(株)(東京都板橋区舟渡)は7月31日、申請処理を遠藤幸子弁護士(電話03-3408-9822)に一任して、東京地方裁判所へ自己破産申請した。

 負債額は約5億円。

同社は昭和30年4月設立された雑誌・書籍の取次代行会社。全国の書店など販路を持ち、以前は60億円あまりの売上高を計上していた。しかし、ネット普及、書籍離れにより、書籍の販売不振が続き、平成30年4月には22億円台の売上高まで減少し、経営不振に陥っていた。そのため、大手の(株)トーハンから、雑誌配送業務などの支援を受けていたが、業績を改善するには至らず、今回の申請となった。

追、こうした関係から、取引書店の取次ぎはトーハンに移行しているものと見られる。

 

日本雑誌販売(株)(東京)/債務整理 法的処理へ

同社は昭和30年4月設立の雑誌や書籍などの取次店。書店やネットカフェなど全国に1000店以上を取次ぎ、以前は59億円以上の売上高を計上していた。しかし、その後はネット・デジタル化などにより書籍不振が続き、取次店も半減し、平成30年4月期には22億円の売上高まで減少し赤字経営を余儀なくされていた。ここに来て、先行きの見通しもたたず事業継続を断念し。債務整理を入ったもの、今後、法的処理へ進む。

なお、今後の取次ぎは大手取次店が引き継ぐ。

[ 2019年8月 1日 ]
スポンサード リンク
 

 

 

関連記事

 

 



PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ