アイコン 追報:大正13年創業(株)ティーエヌケー(東京)/破産手続き開始決定

 

スポンサード リンク
 
 

既報。大正13年創業の産業用機械メーカーの(株)ティーエヌケー(所在地:東京都西多摩郡日の出町平井*** )は8月6日、東京地裁立川支部において破産手続きの開始決定を受けました。

停止時の負債額は約10億円。

破産管財人には、持田光則弁護士が選任されているとのこと。

破産債権の届出期間は令和元年9月6日まで、財産状況報告集会・一般調査・廃止意見聴取・計算報告の期日は令和元年12月11日午後2時。

事件番号は令和元年(フ)第1108号となっています。

 

既報記事
追報:(株)ティーエヌケー(東京)/事業停止 弁護士一任

同社は大正13年田中鉄工所として創業した産業用機械等製造会社。各種産業用機械や工作機械用の各種部品を製造し、平成18年6月期には約18億円の売上高を計上していた。しかし、その後は、受注先企業が工場を海外へ移転してしまい、受注が減少し続け、同社は介護用の運動能力維持支援器具やベッド車いす間移動支援具なども開発販売していたが、最近では4億円台まで売上高が減少し、過去の設備投資に関わる借入金も大きく、経営不振が続いていた。

 

 

[ 2019年8月19日 ]
スポンサード リンク
 

 

 

関連記事

 

 



PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ