アイコン 業務用家具のオリバー 10月決算 増収増益

 

スポンサード リンク
 

同社は10月決算について、市場別に深耕営業活動に取り組み、宿泊市場、オフィス・文教・公共市場、チェーンストア・その他市場での売上高は大きく伸長した。

特に、インバウンド需要での宿泊施設や働き方改革を追い風としたオフィスの移転・改装などの1件あたりの案件が大型化しているとしている。
↓セグメント別の売上高と営業利益、同率

 

事業/百万円
売上高
前年比
営業利益
前年比
営業利益率
家具インテリア
24,665
3.1%
1,810
9.0%
7.3%
放送・通信
2,611
0.1%
377
-13.4%
14.4%
その他
78
0.1%
48
-1.1%
61.5%
合計
27,354
2.8%
2,236
4.2%
8.2%

 

オリバー
連結/百万円
売上高 
営業利益
←営利
経常利益
帰属利益
16/10期
24,990
2,678
10.7%
2,870
1,793
17/10期
24,443
2,027
8.3%
2,435
1,750
18/10期
26,601
2,146
8.1%
2,371
1,822
19/10期
27,354
2,236
8.2%
2,384
1,859
19期/18期比
2.8%
4.2%
 
0.5%
2.0%
20/10期予
28,400
2,240
7.9%
2,400
1,500
20予/19期比
3.8%
0.2%
 
0.7%
-19.3%

 

[ 2019年12月 5日 ]

 

 

 

関連記事

 

 



PICK UP


PICK UP - 倒産